サイバーエージェント主催のインターン CA Tech Dojo 2期に参加してきました!

2/17〜2/21までの1週間サイバーエージェントさんのインターンに参加してきました!

本記事では今回参加したインターンについて簡単にまとめていこうと思います。

今回参加したインターンhttps://www.cyberagent.co.jp/careers/students/event/detail/id=24135

参加期間

もともとこのインターン自体2週間のインターンで1週間目に基礎課題・2週間目に発展課題といった内容だったのですが、コロナウイルスの影響で1週間で中止、コロナが落ち着き次第再開するといった内容になってしまいました。残念です( ; ; )

参加理由

参加しようと思った主な理由ですが、大きく二点ほどあります。 1.  エンジニアアルバイトを始め1年ほど経ちある程度コードをかけるようになってきが、綺麗なコード(パフォーマンスやテストのしやすさを意識したコード)が書けていないと感じていたため。 2. これまでほぼ独学できたので自分のコードにしっかりとしたレビューを貰いたかった。 これらを解消できる環境を探していた時に、ちょうどこのインターンを見つけてすぐに応募しました。

応募

ESを書くということが今回が初めてでかなり苦戦しました。 基本的にこれまでやってきたことを書いたのですが、書いていく上で意識したのは文章にストーリー性を持たすことで読みやすくすることです。 単純に「〜をしました。〜をしました。」といった箇条書きではなく、「〜をするために〜をはじめ、結果〜でした。」のように読みやすい文章を心がけました。

事前課題

事前課題はGoのチュートリアルA Tour of Goを一周以上してくるとのことでした。 日本語ページもあったり、記事も出ているためそこまで難しいといった感じではなかったです。 これとは別に「Goプログラミング実践入門 標準ライブラリでゼロからWebアプリを作る」を読んだり、実際に手を動かしてみて簡単なAPIサーバーを作成したりしました。 自分としてはGoの知識より、webの知識を勉強しておいた方が良いなと思いました。

インターン期間中

インターンはゲームのAPIサーバーを実装するといったもので、ガチャのロジックを考えたりMySQLやRedisを使ったユーザー管理、ランキング機能の実装などをしました。 参加メンバーは10人程度で、プログラミングを始めて3ヶ月の方などもいらっしゃったので、技術面というよりやる気(アウトプットがしっかりできているかなど)が見られたのかなと思います。 3人から4人のチームに分かれ、1チーム3人のメンターさんがつきました。 内容は仕様書に沿って一人で実装してPRを作成し、そのレビューをもらうといった形でした。 レビューは実際にベンチマークのスコアなどを提示していただいたりと、しっかりとしていたのでかなり勉強になりました、この辺りは再度まとめて別記事にしようと考えています!

全体を通して

参加目的の一つであった、コードを書く中でパフォーマンスを意識するようになるという目標はある程度達成できたのかなと思います。 ただ、発展課題でやる予定だったテストなどはかけなかったので、そこに関してはまた再開できたときにできればなと思います。

まとめ

コロナウイルスの影響で1週間と短い期間でしたが、かなり多くのことを勉強できたかなと思います。 また技術面のみならず、エラーハンドリングの重要性(エラーログ一つで補填額がすごく変わるらしい、、、)やバズった時の話など色々なお話が聞けてかなり面白かったです! 一旦中断ということですが、再開を願ってこれからも勉強を続けていこうと思います。

インターンのより詳細な内容はTechBowlというサービスで公開もしているそうなので興味ある方はぜひそちらも検索してみてください!

打ち上げはアジア系の料理屋さんでした、ほとんどカレーの味がしましたが美味しかったです😀↓